2022
18
Dec

カメラ, 機材レビュー, 登山, 登山道具

【機材レビュー】Nikonの本気!フルサイズ一眼レフ「Nikon D850」を購入!山岳写真にもおすすめ!

 @syouggg です。

つい先日、愛用していた「NikonD750」からニコンのフルサイズ機最上位モデルである、「NikonD850」に機種変更をしたので紹介します。

ボディ単体で重量が約1,000g超えというからカメラを構えるとずっしりと重さがくる。これに超望遠レンズを付けるものであれば翌日には確実に筋肉痛を引き起こしてしまうほどです。

 D750との違い

大きな違いとしては、「D850」は最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」が搭載されていますが、「D750」は1つ前の「EXPEED 4」が搭載されています。「D850」は新型のイメージセンサーと合わせて、高感度性能や機能全般が向上しています。裏面照射型CMOSセンサーにより、読み出し速度も高速化しています。

使ってみて正直なところ格段な違いは感じられません。もちろんAFスピードや連射速度等の違いはありますが、カメラを趣味とする身としてはあまり大きな差ではないかと思います。

 

 D850をおすすめする理由

①発売から日が経っているので値段が落ちている

2017年に発売された「D850」は発売から5年以上も経っています。そのため中古でかなりお得に購入することができます。中古カメラを購入する際におすすめなのがMap Camera(→マップカメラ公式サイト)です。中古機材の状態が分かりやすく、メンテナンスがしっかりされていること、受け取り時には丁寧な梱包で届くので安心なショップです。

→カメラのキタムラでも中古で安く出回っていることがあります。

②高画素化でも最高の画質

一般的に画素数が高くなればなるほど画素ピッチは狭くなり、ダイナミックレンジや高感度画質で不利な面がある。D850は、有効約4575万画素という高画素でありながら、シャドーからハイライトまで階調が豊かで、高感度でもノイズが少なく解像感の高い画質が得られます。




③ボタンイルミネーション機能

これがかなり役に立っています。星空や夜景のような暗所で撮影する際に、ダイヤルやボタンが光る機能です。電源スイッチの操作によって、背面左側のボタンやレリーズモードダイヤルのボタンが、透過照明を採用したイルミネーションでハッキリと確認できます。

 

 D850を登山でオススメする理由

正直なところフルサイズ一眼レフの重量はとても重たいです。登山は荷物をできるだけ軽量化したいところですが、重量を上回るメリットがあります。

①高度な防滴・防塵性能をもち過酷な環境でも使える

ボディーには軽量で堅牢なマグネシウム合金を使用し、高い剛性と耐久性を保ちながら軽量化を実現。接合部には効果的なシーリングが施され、悪天候でも安心して撮影できる高い防塵・防滴性能を確保しています。筆者の撮影するメインの写真は風景写真です。最近では山岳写真を撮ることが多く、雨が急に降ったり、時には雪の降る過酷な環境でもガンガン使える「D850」は心強いです。

特に最近は冬山の写真を撮ることが多く、暴風が吹き荒れ気温は−15℃を下回るような状況でも何の問題もなく撮影ができています。他社のフルサイズ一眼や、ミラーレス一眼を使っている友人のカメラは寒さに耐えきれず、バッテリーが落ちてしまうことがあります。でも「Nikon D850」は問題なく使えることが多いです。

余談ですが、アフリカのケニアとタンザニアへ撮影に行った時は「 D750」を使っていました。砂塵の多いアフリカのサバンナでも難なくハイクオリティーな野生動物の写真を収めることができました。

 

 画素数と画質の関係

D850は4千万画素を超える高画素機ではあるが、高画素であればあるほど画質が上がるというわけではないです。画素数を上げるとピッチの光を取り入れる量が減り、感度が落ちノイズが増えてしまいます。そのため以前に愛用していた「D750」の方が高感度に強く、夜景や星空を撮影する際には強いと言われています。

 

夏の槍ヶ岳山荘で撮った天の川の写真です。D750でかなり綺麗に星空を撮影することができました。




 D850におすすめのレンズ

カメラの本体の性能がいいからと言って悪いレンズを使っていると、高画素機の性能を発揮することが出来ません。ある価格が高くてもしっかりとしたレンズをつけて撮影することをお勧めします。

・AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Nikon純正。オススメの大三元標準ズームレンズ

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



 
コメントは利用できません。